「はまかぜ歌謡祭」が無事終わりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今晩は、今日は10月21日で、2週間ぶりの更新です。
来週は私、マイク河原主催の「第4回甲府歌謡祭」が甲府市のコラニー文化ホールで開催されます。
メジャー歌手は北原ミレイ様、北川大介様、川野夏美様、椎名佐千子様、葵かを里様、花咲ゆき美様、と私がテレビ埼玉で一緒に番組を持っている入山アキ子様です。それに地元を中心にご活躍の歌手の皆様にも出演して頂きます。午前の部が10開演、午後の部は3時開演の2回公演です。
ほぼ準備も終わり、後は当日を待つばかりです。1年前に会場を予約し歌手を予約し、準備をしてきましたが、それがたった10時間足らずで終わってしまうのですから、それだけにこの10時間は私も目一杯楽しみ、頑張り、そして多くのご来場の皆様にも楽しみ、喜んで頂きたいと思います。
10月14日は「第12回はまかぜ歌謡祭」が戸塚のさくらプラザホールで開催されました。この歌謡祭は、はまかぜ新聞社と私が共同で立ち上げた歌謡祭で、最初数回は年1度開催でしたが、皆様の強い要望でその後年2回開催しています。大会と発表があり、大会でも2コーラスDAMのモニターを見ながら唄えるようになっています。また終わりの時間を夕方6時台か、遅くても7時程度にしようと参加者を120-130名に抑えていますが、今回は断りきれずに136名とゲスト4名で総勢140名の参加となり、表彰式や、入賞者写真撮影など全てが終わったのは7時30分頃でした。70歳以上のシニアーの部には35名が参加されましたが、80歳以上の方が10名おられ、最高齢は86歳の方でした。また最年少は24歳の方で、20歳代が4名参加されました。遠くは富山県から夜行列車で参加された方もおられ、年々「はまかぜ歌謡祭」が若い方からお年の方までに広く認知され、評判が良くなってきているようで嬉しいです。そしてカラオケが若い方からお年寄りまで幅広い層に楽しまれ、特にお年寄りの健康にも良い影響を及ぼしていると思います。私は「甲府ブルース」と「あなたの心に届けたい」を唄いました。
10月20日はファンの方の紹介で横浜・福富町の「ジャンジャン」様に行ってきました。伊勢崎モールの隣の通りにあり、立派なビルの2階で綺麗な広いお店でした。ママはダンスもするそうで、スタイルが良い美人でした。場所が良いのに入場料1,000円ですので、とてもお安く感じました。久し振りにお会いする顔見知りの方もいたりして、カラオケ好きな人は、何処にでも唄いに行かれるのが良く分かります。
10月19日はJR横浜線・中山駅近くの「ひょうきんハウス」様に久し振りで行ってきました。このお店もお食事のようなものが付いて1,000円ですので、割安なお店ですね。マスターは歌が抜群に上手で、たまに1曲お客様に披露されます。久し振りに会ったお客様に新曲「甲府ブルース」のCDも買って頂きました。
10月18日は綱島の「はまなす」様にファンの方と行ってきました。2ケ月ほど前にこのお店でキャンペーンをさせて貰ったことがあり、それから初めての訪問でした。キャンペーンのと聞いたお客様や、先日近くの鶴見で出演した城之内早苗様とのコンサートに来て下さったお客様などもいらして、お礼を言うことが出来ました。
10月17日は月例のカラオケのど自慢を上大岡の「カラオケ喫茶ゆか」様で行ってきました。いつも来て下さる方や、初めての方もいらっしゃいました。皆様の歌に寸評を書いた後、新曲は入山アキ子様の「信濃慕情」を皆様と練習しました。カラオケのど自慢に参加しているお客様が新しい方を誘って来てくれたり有難いです。約20名ほどが参加してくれました。
10月16日は、山梨県人会でお世話になっている方の紹介で午後から金沢文庫の「ぬくぬく」様と夜は「スナック テンダー」様に行ってきました。「ぬくぬく」様では、山梨県人会で時々お会いする方々も来ていました。駅前の良い場所でした。
驚いたことに「スナック テンダー」様のマスターははまかぜ新聞社の会長と懇意で、はまかぜ歌謡祭の翌日15日に会長宅で行われた「芋煮会」に行ってきたとのことでした。世間は狭いものですね。勿論両方のお店で「甲府ブルース」「富士桜」を唄ってきました。
10月15日は、戸塚駅前の「ラウンジ スターライト」様に行ってきました。私の「甲府ブルース」や「富士桜」「信濃の女よ」等をいつも唄ってくれるお客様も来ていました。ママはこの業界に長いようで、優しくお客様に好かれて、いつもお店はお客様で一杯です。
もう夜の11時ですので、この辺で失礼します。
皆様お元気で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です