「第1回相模原歌謡祭」が無事に終了しました。関係された皆様に感謝いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は「第1回相模原歌謡祭」を相模原市橋本の「杜のホールはしもと」で開催いたしました。北川大介様、ハン。ジナ様、葵かを里様、入山アキ子様を初め、相模原、東京、横浜で活躍中の歌手の皆様と、午前、午後の二回公演でした。お蔭様で一階指定席は午前、午後とも売り切れでした。二階席は少し空いていましたが、沢山のお客様に来て頂き感謝しております。
また出演の歌手の皆様には素晴らしい歌を唄って頂き、有難うございました。
天気も快晴で暖かく20度を超えたと思いますが、良い一日でした。出演歌手同士が再会を喜んだり、お客様とロビーで歌手の方々が写真を撮ったりと、見ていて楽しい光景があちこちで見られ、主催者としても嬉しかったです。
私は2月26日発売の新曲「横浜(ハマ)のベイ・ブルース」とカップリングの詩吟入りの「素晴らしき日本」、前作の「甲府ブルース」と、そのカップリングで、東日本大震災の被災地を応援する「ひばりの岬」の4曲唄いました。終わってからのCD販売には大勢の方が北川大介さんの前に列を作りました。その周りのハン・ジナさん、葵かを里さん、入山アキ子さんにも大勢のお客様が集まりました。私は皆様とは比較になりませんでしたが、事前にこのくらい売れたらいいなーと思って色紙にサインして持参しましたが、それが足りなくなりましたので、私なりには沢山売れました。
会場の後片付けをして夜9時頃、車に戻ったところスマートキーで車の鍵が開かず、ロードサービスを呼びましたところ、ハザードランプの消し忘れでバッテリーが上がってしまっていました。仕方なくその場で車を充電して貰っている間に、私たちも夕食を食べ、こちらの充電もしました。一日歌謡祭で疲れて私たちも完全放電状態でしたが、車も完全放電で、主人に忠実な車だと変なところで感心しました。
お蔭で、焦らず一息入れ、ゆっくり帰りました。
多くの皆さまからお礼のメールやFacebookでのお礼やコメントを頂き、全てにご返事できないほどでした。皆様のご協力に感謝いたします。
次は6月21日の「第4回戸塚歌謡祭」です。川野夏美様、山口ひろみ様、入山アキ子様、中澤卓也様と、神奈川、東京でご活躍の歌手の皆様とで開催いたします。是非また皆様のご協力をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です