「第7回はまかぜ歌謡祭」も無事、成功裏に終わりました。ご協力の皆様に感謝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、今日は5月20日(火)です。先週土曜日、5月17日に横浜市関内の「関内ホール」で「第7回はまかぜ歌謡祭」が開催されました。5年前から、はまかぜ新聞社と私で立ち上げた歌謡祭で、今回第7回目となりました。4月25日が申込み締切日でしたが、3月31日には定員の120名に達し、その後の申し込みは、心苦しくもお断りすることになってしまいました。毎回出て頂いた方なども、お断りせざるを得なく、本当に皆様には申し訳なく思います。これも第7回目になり、皆様にこの歌謡祭が知れ渡るようになり、参加者が増えたためと思います。当初から、大会も発表も2コーラス唄え、DAMのモニターを見て唄え、終わりは6時から7時頃にしようということで、定員を120名に決めて行っています。ゲストも有名な歌手を呼ぶのでなく、これから売り出そうと頑張っている地元の歌手を中心に、毎回新しい方をゲストに迎えています。今回のゲストは、響あゆみさん、きさくみどりさん、藤まさるさん、浜村まゆみさんと私でした。

参加者はグランプリの部が24名、一般が48名、シニアーが30名、発表が19名、過去の優勝者が3名、友情出演が3名、ゲストが5名で合計132名でした。回数を重ねるごとに上手な方が増え、グランプリの参加者も増えてきました。また若い参加者も多く、新しい参加者も多くなり、歌謡祭の知名度が上がってきた証拠ではないかと嬉しく思っております。ですから過去に入賞した方々でも、今回入賞できなかった方も多くおられました。勝ち負けは時の運ですし、本当に小数点以下のところで順位が決まっていますので、入賞できなかった人も決して悲観することはないと思います。本当に皆さんがとても上手で、審査員も採点に苦労されたことと思います。次回は10月頃に、もう少し広い会場でやりたいと考えています。今回も会場で座れない方々もおられ、満員でしたので、そろそろもっと広い会場に移る時期かと考えています。また決まりましたらお知らせいたします。次回も皆様のご参加をお待ちしています。
ご協力いただきました皆様に感謝いたしております。

5月14日は、友人と一緒に駒込駅前の「ぴーぷる」様に行ってきました。この日の朝からのどの調子が悪く、痰が絡み、咳が出始めましたので、午前中病院に行き、薬を処方して頂き、飲んで出かけましたが、相変わらずでしたので、「ぴーぷる」様では2曲唄っただけで帰宅し、家で静養しました。

15日は、朝から午前中、テレビ埼玉の収録で浦和に行ってきました。のどの調子はまだおかしかったのですが、収録に支障はありませんでした。6月放送分で、ゲストの歌手は、岩本公水さん、大木惇史さん、松前ひろ子さん、立樹みかさんでした。それぞれ個性があり、素晴らしい方々ですので、いつも勉強をさせて頂いてます。また私の番組パートナーの入山アキ子さんは、トークも上手、歯切れも良く、さわやかで、とても気持ちよく一緒に司会をさせて頂いています。

この日の午後は東京、野方のWIZホールで開催の「第38回カラオケ愛唱会歌謡大会」に伺い、ゲストで唄ってきました。NAK中野支部の佐藤玄祥先生主催の会で毎年唄わせて頂いており、本当に有難いです。今回のゲストは私の他には、美里玲奈さん、田山ひろしさん、沢田正人さん、下北龍一さん、チャンミラさん、ざいま弘子さん、三田ひろしさん等でした。私の知り合いも数人唄われていました。
佐藤先生は剣道をされているとのことで、80歳を過ぎた今も60歳代に見える若さで、元気に飛び回っておられ、本当に感心し、私も先生を見習いたいと思いました。

16日は午前中、詩吟の練習に参加しました。毎週の練習は出れませんが月1回は何とか都合をつけて練習に出るようにしています。練習回数が少ないので、上達は遅いですが、歌も詩吟もお腹からしっかりと大きな声を出すことでは同じですので、歌の役に立つし、勉強にもなると思っています。

午後は戸塚駅近くの「キャデラック55」様に行きました。以前は「花かんざし」という名前でしたが、最近オーナーが代わり名前も変わりました。昼カラオケのママたちは変わりませんので、良かったです。このお店で毎週、内木場先生のグループがカラオケを楽しんでいますので、先日ゲストで唄わせて頂きましたお礼を言いながら唄ってきました。満員の盛況でしたし、翌日「はまかぜ歌謡祭」ですので、2曲唄わせて頂いてから、早めに帰宅しました。

18日は、前日の歌謡祭の疲れが残っていましたが、東京、大森の「ひな」様に友人と約束して行ってきました。そしたら私が良く行く蒲田の「フォー・ユー」様のママとお客様が団体で7-8名来ていて、お店は満員でした。ここは昼食も出て、他所より安いお値段ですので、昼から何時も混んでいますが、この日はさらに混んでいました。お蔭で皆様にご挨拶でき、多くのお客様に聞いて頂きましたので、歌手としては良い状況でした。

19日は、上大岡の「セイコー」様にはまかぜ歌謡祭のプログラムをお渡しすべく伺いました。広告を毎回載せて頂いてますので、広告の掲載された「はまかぜ歌謡祭」のプログラムを差し上げてきました。マスターはひざの手術をした後、リハビリをしているとのことですが、この日手術後初めてマスターとお店でお会いでき、ほっとしました。リハビリは大変と聞きますが、頑張ってリハビリし、元通りに早くなって貰いたいと思っています。

このお店の後、金沢八景の「ルビー」様に行きました。このお店の常連客2人が、はまかぜ歌謡祭で入賞されたので、その方々とお会いしたり、久しぶりにママにご挨拶をしたく伺いました。ママは普段昼は出てこず、夜のみですが、この日は特別に私が行くので、昼から店に出ていました。ママも唄は抜群に上手で、はまかぜ歌謡祭のグランプリ部門に出たこともありましたが、今回は不参加でした。
入賞者も来ていて、皆さんから入賞曲をリクエストされ、唄われました。流石入賞するだけあって、とても上手でした。
夕方ころ、私と約束していた東海林先生とその生徒さんも見え、みんなで沢山歌を唄わせてもらいました。東海林先生は8月7日に衣笠の「はまゆう会館」で歌謡祭をされますが、今回は畠山みどりさんをゲストに迎えるようです。私ももちろん唄わせて頂きますが、今から畠山様の歌が聞けるのが楽しみです。

20日、今日ですが、友人の紹介で初めて田園調布の「シフォン」様に伺いました。歌の上手な方が来ていました。私の歌も皆さんに喜んでいただき、CDも買って頂きました。いろいろな食べ物をサービスして頂きました。英語の歌を唄うお客様がいましたので、私もリクエストに応えて、2曲英語の歌を唄いましたが、お客様の反応は上々で、久しぶりの英語の歌でしたが、ほっとしました。

23日から長野に行きます。25日の長野県川上村の「山菜まつり」で唄った後、横浜に帰ってきます。
2泊3日の長野行です。野草や山々の木々も若葉を付けて新緑が綺麗な時期ですので、素晴らしい「山菜まつり」を楽しむと共に、新鮮な空気を一杯吸ってきたいと思います。
では今夜はこれで失礼いたします。お休みなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です