プロが教える、カラオケワンポイントレッスン ~伴奏編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

カラオケで楽しく・気持ちよく・上手に唄うための、伴奏に関する3つのポイントをお教えいたします。

リズム感を大切にする

カラオケではモニター画面に歌詞が出て、歌詞の色が変わるのを目で追いながら唄うのが一般的です。
しかし、これでは伴奏をあまり聞かないで唄う原因を作ってしまい、歌の出だしの遅れやリズムが合わない部分が出てきてしまいます。このような箇所があると、発声や声質が良くても歌が台無しになってしまいます。伴奏にもしっかりと耳を傾け、伴奏に合わせリズム良く唄っているか注意しながら唄う習慣をつけましょう。リズム感を大切にすることも上達のポイントです。

モニター画面を見ないで唄う

同じ歌を唄い込んでいると、歌詞やメロディなども覚えることが出来ますし、伴奏を意識しながらモニター画面を見ないで唄えるようになります。歌詞やメロディを覚えてしまうと、モニター画面を見ないで唄うことは出来ますが、そこで満足してしまう方は多くいらっしゃいます。
より上手に唄うためには、歌詞を大切にして言葉の意味を考えながら唄うことがポイントです。
モニター画面を見ないで唄うことが出来るようになったら、是非とも実践してみてください。

CDのカラオケバージョンを唄う

カラオケボックスの伴奏には、ガイドメロディというメロディラインが伴奏内に入っています。
メロディラインが入っている伴奏は、音取りも楽で唄いやすくなっています。
一方で歌手のCDに入っているカラオケバージョンには、ガイドメロディは入っていません。
そのため、唄うラインを把握していなければ上手く唄うことが出来ません。
伴奏を意識する練習法として、CDのカラオケバージョンを使って唄ってみるのも効果的です。

生命

オフィス道に所属する演歌歌手のマイク河原は歌における伴奏の大切さを肌で感じながら歌を唄い続けています。
演歌歌手として、一人でも多くの皆様に生歌で「日本の心」をお届けいたします。演歌歌手ではありますが、古くから歌い継がれてきた唱歌・抒情歌・歌謡曲に加え、外国曲(ロックを除く)など幅広いジャンルを歌い上げていきます。

歌謡祭コンサートなど法人様、個人様問わず出演依頼もお待ちしております。横浜を中心として東京・埼玉・山梨方面から多くの出演依頼を頂いており、その他の関東甲信からの出演依頼も大歓迎です。マイク河原の「これからの予定」や「過去の活動」などの詳細情報も掲載しておりますので、そちらも是非ご覧ください。  

演歌歌手への出演依頼なら【マイク河原】 概要

会社名 オフィス道
所在地 〒244-0002 神奈川県横浜市戸塚区矢部町644
電話番号 090-8030-1953
説明 演歌歌手のマイク河原は、コンサートや歌謡祭など各種イベントの出演オファーを受け付けております。東京をはじめ各地域のイベントにお伺いいたします。詳しくはお問い合わせください。