「第4回甲府歌謡祭」が無事に成功裏に終わりました。関係各位に感謝です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今晩は、今日は10月29日(土)です。
先日10月26日(水)は私主催の甲府歌謡祭を甲府市のコラニー文化ホールで開催しました。
当日は前日までの雨模様が打って変わって晴れて26度にもなる暑い日になりました。天気まで私と甲府歌謡祭を祝ってくれているようでした。
10時から午前の部が始まり、地元の歌手9名と3組の日本舞踊の方々が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。その後第二部で北原ミレイ様、北川大介様、川野夏美様、椎名佐千子様、葵かを里様、花咲ゆき美様、入山アキ子様と私が3~4曲ずつ唄いました。私は「富士桜」「あなたの心に届けたい」と最後に新曲「甲府ブルース」を唄いました。唄った後のCD即売会でも、皆様に沢山買って頂きました。
午後の部は3時から始まり、やはり地元の歌手12名が唄った後、先ほどの7名のメジャー歌手と私が唄いました。進行も時間通りに進み、終わったのは夜7時30分頃でした。会場は午前・午後ともほぼ満員に近いお客様が入り、唄っていてもとても気持ち良かったです。
また、被災地支援チャリティー歌謡祭ですので、午前の部、午後の部とも地元歌手が唄い終わった後、私と地元の歌手たちで、会場を回り会場の皆様から義援金を頂きました。午前の部で約115,400円、午後の部で119,500円と合計234,900円が集まりました。毎年同じ程度の金額が集まりますので、本当に有難いです。私が105,100円を出して合計340,000円を翌日、山日YBS厚生文化事業団様に寄付をさせて頂きました。寄付金は半額の17万円が東北に贈られ、残り17万円が熊本地震の被災地に贈られます。
メジャー歌手の歌を山梨の皆様に聞いて頂き、また山梨の皆様からの義援金を被災地に贈ることが出来、ちょっとばかり、良いことが出来た嬉しさを感じました。多くの方にご協力を頂き、進行もスムーズに進み、大きなトラブルもなく、お客様からは「良かったー」と言う声を沢山頂き、本当に嬉しいです。1年間の準備期間の努力が、たった10時間であっという間に終わってしまいました。オリンピックの選手と比較はおこがましいことですが、オリンピック選手は私たち以上にそのことを実感していると思います。4年間努力して100メートル競走の選手は、たった10秒の走りで終わることもあります。それでもオリンピックに出ることは大変なことですし、光栄なことで、それを目指して4年間、いやそれ以上の長い期間努力を積み重ねている選手方を心から尊敬してしまいます。
来年の「第5回甲府歌謡祭」はやはり10月26日(木)に同じコラニー文化ホールで開催を決めています。会場の皆様に又来年お会いしましょうと私の願いを伝えました。また義援金の金額も歌謡祭の最後の方で会場の皆様にお伝えし、お礼を述べることが出来ました。

今日日本シリーズ第6戦が行われ、たった今、日本ハムが広島カープを破り4勝2敗で10年ぶりの日本一になりました。
どの試合も接戦で、どちらが勝つか分からない試合ばかりで、とても良い日本シリーズだったと思います。どちらのチームにも拍手をしたいですね。楽しませて貰いました。皆様も同じ思いではないでしょうか?

それではこの辺でお別れしましょう。皆様、お体を大切にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です