演歌だけではない”こぶし”と歌の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
演歌だけではない”こぶし”と歌の関係

こぶしという発声技法を効果的に取り入れることで、演歌独特のメロディと情感により深みを出すことが出来ます。
こぶしは、歌に力強さを与えてくれる意味でも演歌には欠かせないものです。

こぶしは演歌だけの発声技法としてだけでなく、演歌以外にも取り入れられています。こちらでは、演歌だけではない”こぶし”と歌の関係について解説いたします。

こぶしとは何か

歌の中で基本となる旋律の間で声の大小を変え、細かな節(メロディ)を入れて節回しを強調する発声技法です。一つ一つの音の間に別の音を加えるこぶしは、演歌にとって大切な要素でもあり、楽譜上にはない節の抑揚で歌の印象を大きく変えてくれます。歌謡曲でもこのような一つ一つの音の間に別の音を加えた発声技法はありますが、こぶしには一つの音に多くの節を挟み込む特徴があります。

こぶしのきかせ方

こぶしをきかせて歌を唄うには、歌の中で母音を繋げる意識が大切になってきます。
例を挙げると、「あ~」と伸ばす箇所でこぶしをきかせるのでしたら「あ~ああ~」と発音しますが、伸ばした二つ目の「あ」は微妙に音の高さを変えるようにします。また、より力強さを出したい時には、声を伸ばす箇所で足を踏み込んでお腹に力を入れるのがポイントです。

様々な歌で耳にする発声技法

こぶしといえば、真っ先に演歌をイメージしてしまいますが、演歌以外の歌でも多く取り入れられています。こぶしという表現はされてはいませんが、こぶしと似たような発声技法は、沖縄民謡やイタリア民謡などにも見られ、日本の歌謡曲や世界の様々なジャンルの歌で耳にすることが出来ます。
こぶしは、演歌だけでなく様々な歌と密接な関係にあるのです。これらの音楽を聴く際にちょっと意識してみると、こぶしかなと思える節回しが多いことにも納得頂けることでしょう。

オフィス道に所属する演歌歌手・マイク河原は、こぶしをきかせた心に響く歌で皆様の楽しい人生を応援したいと願っています。演歌以外の歌謡曲、唱歌、外国曲まで幅広くクセのない声で唄い上げることも出来ます。

また、作詞、作曲も手がけ曲の提供も行っております。演歌歌手としての出演オファーは、横浜を中心として東京埼玉山梨から多く頂いており、山梨からの出演オファーの際には、持ち歌である「甲府ブルース」も喜ばれております。プロの演歌歌手が「日本の心」を生歌でお届けいたしますので、出演オファーをご希望の際は、気軽にオフィス道へお問い合わせください。

演歌歌手への出演依頼なら【マイク河原】 概要

会社名 オフィス道
所在地 〒244-0002 神奈川県横浜市戸塚区矢部町644
電話番号 090-8030-1953
説明 演歌歌手のマイク河原は、コンサートや歌謡祭など各種イベントの出演オファーを受け付けております。東京をはじめ各地域のイベントにお伺いいたします。詳しくはお問い合わせください。