プロが教える、カラオケワンポイントレッスン ~準備編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

カラオケで楽しく唄うだけではなく、もっと上手く唄えるようになりたいと思いませんか?
上手く唄えるようになると、唄う気持ちよさを一層強く感じることが出来ます。
こちらでは、「プロが教える、カラオケワンポイントレッスン」と題して、唄う前の準備についてご紹介いたします。

こまめな水分補給で喉を潤す

カラオケで唄う際には、飲み物をあらかじめ用意しておくようにしましょう。
歌を唄うのに喉が渇いていては、本来出るはずの声を十分に出すことが出来ません。
また、かすれ声の原因になることもあります。声帯の振動によって音が声となることを考えると、こまめな水分補給で喉を潤すことは大切です。そのためにはミネラルウォーターを用意しておくと良いのですが、声のために考えられたボイスケアウォーターなどの専用水があれば、そちらもおすすめです。

お腹まわりにゆとりをもたせる

ベルトなどでお腹を締めつけていたら、ベルトを緩めてお腹まわりにゆとりをもたせるようにしましょう。
そうすることで、お腹から声を出しやすくなり、質の良い声で唄えます。声を出す基本は腹式呼吸にあることを考えると、お腹まわりに意識を向けることも上手に唄うためには大切なポイントです。
お腹まわりにゆとりをもたせて腹式呼吸をしやすい状態を整えておくと、声量も上がり、唄声にも迫力が出てきます。

十分なウォーミングアップをする

プロが教える、カラオケワンポイントレッスン ~準備編~

運動と同様に、唄う際もウォーミングアップを怠ってしまうと十分なパフォーマンスを発揮することは出来ません。ストレッチなどをして身体を伸ばし、ベストな状態で唄えるコンディションを整えておきましょう。身体のストレッチと並行して行うと効果的なのが、リップロールです。

息を吐きながら唇を震わせることで筋肉の緊張を解して喉を温めるトレーニングで、ボイストレーニングの基礎としてプロの歌手や舞台俳優の間でも取り入れられています。これをしっかりと行っておくと、柔軟性の向上によって声も出やすくなり、安定感のある音程にも繋がります。

声を出す前から歌を上手く唄うための準備は必要なものです。
カラオケで唄う前には準備をしっかり整えて、楽しく気持ちよく唄いましょう。

マイク河原は、演歌歌手として演歌の素晴らしさを皆様にお伝えすると同時に、演歌以外の古くから唄い継がれている唱歌・抒情歌・歌謡曲などの名曲もしっかり唄い継いでいきます。
出演依頼は、横浜を中心として東京埼玉山梨甲府からも多く頂いております。
その他、関東甲信からの出演依頼もお待ちしておりますので、演歌歌手・マイク河原への出演依頼をお考えでしたら、お気軽にオフィス道までお問い合わせください。

演歌歌手への出演依頼なら【マイク河原】 概要

会社名 オフィス道
所在地 〒244-0002 神奈川県横浜市戸塚区矢部町644
電話番号 090-8030-1953
説明 演歌歌手のマイク河原は、コンサートや歌謡祭など各種イベントの出演オファーを受け付けております。東京をはじめ各地域のイベントにお伺いいたします。詳しくはお問い合わせください。